新潟華眼鏡トップページへ 新潟華眼鏡TOPRUDY PROJECT(ルディプロジェクト) > RUDY PROJECT/レンズリスト

■RUDY PROJECT/レンズリスト


rudy project/ルディプロジェクト
『RUDY PROJECT/レンズリスト』
インパクトXの偏光調光レンズやレーザー(ミラー)レンズなどが一目瞭然です。


■RUDY PROJECT - LENS(レンズ)

レーザー(ミラー)系

基本、眩しさに強いレンズです。
【レーザーレンズ】
 晴れた日や照り返しの強い強烈な日差しに向いています。酸化金属で「ミラーコーティング」された、UV400(紫外線)カットのレンズです。
rudyproject レーザーレンズ可視光線透過率/8%〜20%
・レーザーブラック
・レーザーブロンズ
・レーザーブルー
【ARレーザーレンズ】
 レーザーレンズの裏側に光の反射を防ぐコーティングを施したレンズです。
天候が変わりやすい状況に向いています。
rudyproject ARレーザーレンズ可視光線透過率/21%
・レーザーコッパー
・レーザーゴールド
【マルチレーザーレンズ】
 レンズ表面にきわめて薄い特殊なミラーコーティングを施したきれいなレンズ。
rudyproject マルチレーザーレンズ可視光線透過率/21%
・マルチレーザーレッド
・マルチレーザーブルー
・マルチレーザーオレンジ
【レーザーデグ/バイクロミックレーザーレンズ】
 部分的にレーザーコーティングされたレンズです。上下にグラデーションで色を入れたレンズは、激しく移り変わる光の状況に合わせることが出来ます。
rudyproject レーザーデグ/バイクロミックレーザーレンズ可視光線透過率/40%〜92%
・レーザークリアデグ
・バイクロミックピンク
・バイクロミックブルー
NXT素材レンズ

インパクトXの長所
<NXT素材の特徴>
1.高い耐久性
2.優れた光学性能
3.キズがつきにくい特性
4.軽量性
5.安全性


インパクトXの素材は、安全性のためにNXTレンズの中でも少し硬めのレンズを使用しています。  インパクトXは、安全性のためにNXTレンズの中でも少し硬めのレンズを使用しています。
耐衝撃性に優れています。  インパクトXの素材は、耐衝撃性に優れています。
【インパクトXレンズ】
 インパクトXは、技術的に最も進んだサングラスレンズです。NXTで作られたレンズは、シャープで快適な視界をお約束します。


 CR39(プラスチック)やポリカーボネイトが開発されてから40年以上もの間、衝撃に優れたレンズの開発や進歩は、ほとんど無かったといえるでしょう。
 NXTは1990年代初めにアメリカ政府がシムラ・テクノロジーに依頼して開発された素材です。アメリカ政府の依頼とは、『ポリカーボネイトを越える強度を持ち、軽量で銃弾を通さず、透明度が高く、より長く性能が持続ずる信頼できる素材』を作ることでした。
 現在、飛行機のコクピットや米軍のアパッチヘリコプターのフロントガラスにも採用されています。インパクトXレンズは、他に類を見ない特徴的レンズとしてルディプロジェクトのサングラスに採用されています。
※インパクトXは、ルディプロジェクトにのみ提供されるNXTレンズです。

◆偏光調光レンズ
偏光調光グレイ(可視光線透過率12〜30%) ・偏光調光グレイ(可視光線透過率12〜30%)
偏光調光ブラウン(可視光線透過率10〜25%) ・偏光調光ブラウン(可視光線透過率10〜25%)
「偏光レンズの特徴」
通常のレンズの視界(偏光でないもの)
↑通常のレンズの視界(偏光でないもの)

ポラール100レンズの視界
偏光レンズの視界
<こんな用途に!>
●釣などで水面のギラつきを抑えてクリアに!
●勢いよく釣り上げた時の、ルアーの直撃から眼を守る!
●ゴルフや野球などの、クリアな視界を確保したいとき!
●海や高山など、紫外線やギラつきの強い場所へのレジャーに!
●ドライブなどの景色がより鮮やかになります!!

カーナビの液晶が黒くならない!

<液晶画面に対応>
インパクトX調光レンズは、ギラつきを取る偏光機能を持ちつつも、液晶ディスプレイにも対応しています。



◆調光レンズ
調光ゴルフ-グリーン(可視光線透過率13〜38%) ・調光ゴルフ-グリーン(可視光線透過率13〜38%)
調光レッド(可視光線透過率21〜50%) ・調光レッド(可視光線透過率21〜50%)
調光グレイ(可視光線透過率16〜40%) ・調光グレイ(可視光線透過率16〜40%)
調光クリア(可視光線透過率20〜78%) ・調光クリア(可視光線透過率18〜78%)
・調光レーザークリア(可視光線透過率16〜62%)
※薄いレーザー(ミラー)コーティングが施され、薄いときは綺麗なレンズ面ですが、濃度が黒く濃くなると、実用的なレーザーの感じが良く分かります。
・調光レーザーレッド(可視光線透過率15〜49%)
※薄いレーザー(ミラー)コーティングが施され、薄いときは綺麗なレンズ面ですが、濃度が黒く濃くなると、実用的なレーザーの感じが良く分かります。(強い光にも反応します)
「調光レンズの特徴」
インパクトX調光レンズの濃度変化
 インパクトXの調光レンズは、紫外線の量によってレンズカラーの濃度が変わります。

※使用頻度による劣化によって、時間がかかる場合があります。

<impact-x2・impact-x一覧>
impact-x2は、クリア〜高濃度へ変化(フィルターカテゴリー1/3)
impact-xは、中濃度〜高濃度へ変化(フィルターカテゴリー2/3)
impact-x2は、クリア〜高濃度へ変化(フィルターカテゴリー1/3)
impact-xは、中濃度〜高濃度へ変化(フィルターカテゴリー2/3)
◆通常レンズ(偏光・調光ではありません)
ピュアグレイ(可視光線透過率16%) ・ピュアグレイ(可視光線透過率16%)


全ての「インパクトX」レンズはNXT素材を採用!!

もともと軍事用の特殊な需要のために開発されたレンズ素材です。銃弾を通さず透明度が高いこと、軽いこと、耐久性があること、そして衝撃に高い耐久性があることが求められました。
 もともと軍事用の特殊な需要のために開発されたレンズ素材です。
銃弾を通さず透明度が高く・軽量であり、衝撃に高い耐久性があることが求められました。
プロフェッショナル系 【レーシングレッドレンズ】
 複数のコーティングによって高度な光学性能を保ちながら、コントラストを高める働きがあります。遠近感や視界の明瞭さを強調するポリカーボネイト製のレンズです。トップアスリートのためのレンズとして開発されました。
rudyproject レーシングレッドレンズ可視光線透過率/28%
【ゴルフ100レンズ】
 対象物とその背景の明るさのバランスを追求したレンズです。25%という可視光線透過率は、芝生の反射光を考慮して設計されていますので晴れた日のグリーンに最適です。
rudyproject ゴルフ100レンズ可視光線透過率/25%
スタンダード系 【スモークブラックレンズ】
 典型的なサングラスのレンズカラー。穏やかに晴れた日や冬に向いています。
rudyproject スモークブラックレンズ可視光線透過率/22%
【アクションブラウンレンズ】
 フィルターにはさんだ構造のハイコントラストレンズ。コントラストを高めながら視界をクリアにしつつ、ぎらつきをとるレンズです。
rudyproject アクションブラウンレンズ可視光線透過率/22%
【オレンジレンズ】
 オレンジ色はコントラストの高いレンズです。街中や断続的な光の状況に最適です。
rudyproject オレンジレンズ可視光線透過率/70%
【イエローレンズ】
 可視光線透過率は87%と明るく、イエローはコントラストを強調します。早朝、夕日、雨の日などの使用が理想的です。
rudyproject イエローレンズ可視光線透過率/87%
【トランスパレット(クリア)レンズ】
 空気中に漂う小さなゴミやその他から、スポーツ中に眼を保護するレンズです。夜間のスポーツやとても寒い状況での眼の保護にも向いています。
rudyproject トランスパレット(クリア)レンズ可視光線透過率/92%
フィルターカテゴリー4

※ドライブには適しません
【ハイアルティチュードレンズ】
 ハイアルティチュードレンズは、強い光から眼を守るように設計されており可視光線透過率は5.5%しかありません。山岳地帯や氷雪地域での使用に向いており、3重の反射防止コーティングが施されています。
rudyproject ハアルティチュードレンズ可視光線透過率/5.5%
※可視光線透過率とは、光が遮断されずに通過するパーセントです。数値が低いほど色が濃いです。



ルディプロジェクトのサングラスレンズは
「様々な光の状況」や「天候」に合わせて作られています。

RUDYPROJECT-気象条件別



[このページの先頭へ]

新潟華眼鏡トップページへ

【RUDY PROJECT/性能表】
=新潟華眼鏡= はなめがね  亀山時計店/メガネの亀山